2015年7月4日土曜日

3spミッションとカブ

 車検整備なのですが結構大がかりな感じです。
このお客さんには前から頼まれていた事が山ほど有り後回しにしていた付けがどっさり回って来ました。


はい!!御免なさい。



 プライマリ側もバラして整備します。



最近カブ入荷しました。

 程度は極上!!




 エンジンもマフラーも新品みたいに綺麗です。( ´∀`)





 整備済みです。足回り、キャブ分解洗浄、オイル交換、リア周り分解調整、バッテリー交換、電気周り、各部グリスアップと整備してあります。


 気軽に連絡下さい。メールでも何でもオッケー( ´∀`)です。




3spミッションです。色々修理する中の一部分を

アップします。
先ずは3速ギアのブッシュ交換します。

ギアの中心に入るブッシュなのでセンター出して仕上げます。ここがブレブレだとオイル漏れしたりクラッチ周りにも負担がかかります。



video
ちゃんと固定してませんが見れるかな?


 ブッシュ交換します。ブッシュは作製します。

このブッシュはオイル漏れを防止する為にオーリングを中に入れられる様になってます。その為カウンターギアのサイドクリアランス等は十分注意が必要になります。




 ガスケットを入れてクリアランスのチェックとシャフトがキックの時に回るので負担無く回るかチェックします。



video



 今度はレースのラッピングして歪みを取り新しいベアリングを入れられる準備をします。

この作業も難しい作業です。少しずつ削ってはコンパウンドを綺麗に拭き取り計測を何回も繰り返します。コンパウンドが残っているとボアゲージが減ってしまい計測がちゃんとできなくなってしまいます。

ボアゲージのピンも精密なので減った物は交換します。何年かに一度なので対した事では無いのですが・・・。

反対側もラッピングします。






 ギアもブッシュはが入ってるので交換してその後センター出して仕上げます。ここもちゃんと回らないとすぐにブッシュは摩耗します。




 できたらクリアランス等の確認します。



こちらも確認します。



ギア類が出来上がったらもう一度作業をカバー側に戻ります。

 サイドカッターでギリギリ分だけ切削します。


これも出来るだけブッシュを長持ちさせる為です。


video
ゆっくり加工します。


 こんな感じに加工します。意味がわからないですよね。純正タイプは下の画像の物です。
こんなに削ってあっては駄目ですよね。
まともにブッシュとして機能してるのはブッシュの1/3位です。

これから組み込みして行きます。



仕上がりが楽しみですね。ミッションって修理多い気がしますがミッションがなぜ駄目になるか考えると一つはクラッチ周りにあります。クラッチの切れが悪いとミッションに負担がかかります。

しっかり切れていればミッションオイルは汚れづらいです。皆さんクラッチ周りのメンテナンスしてますか?




重要ですよ( ´∀`)









朝になって皆寝てます。夜型で困ります。



0 件のコメント:

コメントを投稿